読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハレの日とケの日

おすすめを紹介する「後ろ向き」すぎず「前向き」すぎないブログです

腹を括って生きている!西原理恵子『この世でいちばん大事なカネの話』

2008年発売された、西原理恵子「この世でいちばん大事なカネの話」は、キレイゴト一切なし!何度読んでも、笑って泣ける一冊。

【皮膚科医】菅原由香子『肌のきれいな人がやっていること、いないこと』

著者 菅原由香子先生は、肌トラブルに悩み続けた経験をもち、それは皮膚科医になってからも続きました。

ゆるりまい『なんにもない部屋の暮らしかた』部屋が変わると自分も変わる!

ベストセラー『私のウチにはなんにもない』シリーズの、ゆるりまいさん。生活に必要な厳選された物はありながらも、なんにもない家は衝撃でした。

【中道ミニマリスト】 やまぐちせいこ『少ない物ですっきり暮らす』

大分県在住の主婦であり、大人気のブロガー やまぐちせいこさんのブログ「少ない物ですっきり暮らす」が書籍化。

【マンガでわかる】奥平亜美衣『人生は思い通り!「引き寄せ」の法則』

国内外とわずいろんな方が引き寄せの本を出版していますが、奥平亜美衣さん『人生は思い通り!「引き寄せ」の法則』は、マンガ+文章の「引き寄せ」入門書。

小林弘幸教授が勧める「お先にどうぞ」は魔法の言葉

自律神経研究の第一人者、小林弘幸教授が解りやすく教える女性の為の美容エッセイ。2012年発売『「これ」だけ意識すればきれいになれる。」

おふみ『ミニマリスト日和』物を減らして身軽になりたい!

タテ17㎝×ヨコ13㎝のコンパクトな本のサイズ・全ページ方眼紙のデザイン・おふみさんが描く沢山の手書きカラーイラスト。

小林正観『啼かなくていいホトトギス』それはそれでいいという考え方

ホトトギスは必ず啼くものであって、啼かないホトトギスを何とかしなくてはいけないから成り立っている3つの句

漢方薬剤師 堀江昭佳『血流がすべて解決する』心と体の不調は血流が原因

昔、朝起きた時から疲れている・日中やる気がでない・夜はなかなか眠れないなどの症状に悩まされたことがありました。

門倉多仁亜『タニアのドイツ式部屋づくり』すっきり暮らす整理・収納のコツ

大好きな本で購入してから何年もたちますが、ビニールカバーまでつけ大切にしている本です。

ガンダーリ松本『和みのヨーガ』頑張らなくても続けられる!心と身体をゆるめてリラックス

「頑張らない」「ムリをしない」「飽きたらやめる」が和みのヨーガのモットーです。

日下由紀恵 『神様が教えてくれた宇宙とつながる片づけ方』片づけたい!という衝動の意味

気持ちが落ち着かないとき、物事がうまく進まないとき、無性に片付けたくなる時があります。

百田尚樹『モンスター』ラスト!女の情念と残酷さに身震い

500ページ弱にも及ぶ長い本編のラスト、主人公にとってみれば一瞬でも幸せを感じることができたのだろうと思いきや、その後のエピローグ最後の2ページを読み茫然としてしまいました。

渡辺有子『衣・食・住 おとなの備え』手を加えすぎないセンス

「衣・食・住 おとなの備え」は、料理家 渡辺有子さんの衣・食・住にまつわる、オールカラーでシンプル&シックな美しい写真、律儀な人柄を思わせるエッセイ本。

私の中の時代小説イメージを一新させた作家 中島要さん

過去の時代を題材として書かれた時代小説。漢字や言葉回しが難しく、読み慣れていないと難しいのではないかと思い敬遠していましたが、作家 中島要さんの作品に出会い、私の中の時代小説のイメージが一新しました。

自律神経研究の第一人者!小林弘幸教授が勧める「ゆっくり話す」大切さ

順天堂大学医学部教授 小林弘幸先生は、もともと「超」がつくほどの早口・短気な性格だったそうです。しかし「ゆっくり話す」を心がけたところ、体調・精神状態・周囲との関係においても、いいことが立て続けに起こるようになりました。

ゆるりまい『わたしのウチには、なんにもない!』キッパリ捨て去る爽快感!

好きな物・必要な物を厳選してシンプルに暮らす ゆるりまいさんは、もともと汚部屋・汚屋敷に住んでいました。

心と身体を癒す食事ヒーリングフード・コンサルタント 飯野晃子さん

身体は自分の食べたものから作られている。食べるものによって心・身体も変わると聞いても、個人差はありますが代謝の良い10代、20代前半の頃ではピンとはこないものです。

詩人 加島祥造『求めない』常に何かを求めるよりも足るを知ること

本当の愛は求めるより与えること、求めなければ苦しむことなく楽になれるのに、わかっていても人はどうしても何かを求めてしまいます。

ハイシマカオリ『ケチケチしないで1000万円貯金しました』ゆる~い節約ライフ!

ブログの存在を知らず書店でハイシマカオリさんの本を見つけて購入しました。自分らしくお金に向き合っている内容で、私にとって時折読み返したい、近くに置いておきたいと思える本です。

中山あいこ『家事がラクになるシンプルな暮らし』丁寧な暮らしの楽しみ方

書店で手に取りページをめくると、そこには シンプルで丁寧な暮らしの写真、毎日の暮らしや家事にすぐ取り入れることができそうなアイデアがたくさんありました。

渡辺有子『すっきり、ていねいに暮らすこと』快適で居心地のいいマイルール

渡辺有子さんが、快適に居心地よく暮らすためのマイルールや、ヒントを沢山の写真とともに紹介する一冊。

本多さおり『モノは好き、でも身軽に生きたい』捨てるより大切なこと

物がたくさんあるよりも、どれも気に入っていて、しまいこまず持ち物全て現役主義の方が、モノも私も幸せと語る整理収納コンサルタント本多さおりさん。

話題のベターッと開脚!そもそも開脚できたら何にいいのか?

Eikoさんが提案する開脚のみにポイントを絞ったストレッチ法4週間継続して毎日続けることで 、年齢に関係なく開脚ができるようになるプログラム