読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハレの日とケの日

おすすめを紹介する「後ろ向き」すぎず「前向き」すぎないブログです

自分の固定観念に窮屈さを感じた時ためしてみたい3つのこと

マインド マインド-考え方

f:id:ruilog2732:20170106162523j:plain

自分の中の普通・当たり前だと思ってたことが、自分基準だっただけで、こんな解釈の仕方や、やり方があったんだと驚く時があります。

大人になればなるほど仕事以外で会いたい人は、価値観の近い人・それほど気を使わなくていい人になりがちです。わざわざ気疲れする時間を過ごす必要もないと思ってしまいます。

 小さいころからの蓄積で出来上がった固定観念に、疑問や窮屈さを感じたら、試してみて欲しいことを紹介します。

 違うジャンルの本を読んでみる

いきなり興味も何もない本を読むのは、苦痛かもしれません。

読んだことがないジャンルだけれど、好きなブロガーさんの書評を読み興味をもてたものや、書店員さんの力作POPをみて読んでみようかな?と心が動いたものなどを読んでみると、興味の幅が広がり、新しい視点から物事を考えられるきっかけになります。 

知り合いが薦めてくれた本を読むのも好きです。食い物が美味しいと聞くと食べたくなるのと同じで、面白いって聞くと読んでみたくなる。

こいつが言う面白いってどんなもんなんやろうって興味もわくし。読むと、だいたい面白いんですよ。 

又吉直樹
引用元:お笑い界イチの読書家! 「ピース」又吉直樹流、本の選び方、楽しみ方 - 日経トレンディネット

bulldra.hatenablog.com

 自分とは違うタイプの人の話に耳を傾けてみる

自分とタイプが似ていて感覚が共有できる人といると楽で安心し、何かされたわけではないけど、ちょっと苦手な自分とタイプの違う人といると、落ち着かず不安な気持ちになります。

興味のない話をされると、あいづちは打っているけど、ほとんど聞いてないことが多いです。自分から心を開いて会話すると興味のない話の先に、自分の知らなかった知識や世界があるかもしれません。

興味ある話だけしか聞きたくないし〈慣れた世界・慣れた人達〉が楽で安心と思っていると、だんだん視野が狭くなっていきます。

慣れた世界を捨てなくてもいいので、新たに加えていければいいと思います。 

 性に合わない人たちとつきあってこそ、
上手くやっていくために自制しなければならないし

それを通じて、われわれの心の中にある、いろいろ違った側面が刺激されて、発展し完成するのであって、

やがて誰かとぶつかっても、びくともしないようになるわけだ


ゲーテ 
小説家・劇作家・詩人(1749~1832)

f:id:ruilog2732:20170220173212j:plain

 新しいことを始めてみる

やったことない何かを始めるとき、上手くできるかな?失敗したらどうしよう?今更あえてやる必要ある?損はしたくないなど、今現在の自分基準で考え始めると、なかなか動き出せません。

 始めたことで新たな出会いや知識が増えたり、自分が苦手としてた事を、さくっと出来る人に刺激を受けたり、自分が得意とすることで役に立てたり、必要とされるかもしれません。

自分が知らないことを知って、やれるようになる為に積み重ねることは人を謙虚な気持ちにしてくれます。

過去には帽子を脱いで敬意を表し
未来には上着を脱いで立ち向かいなさい

Take your hats off to the past,but take your coats off to the future.


クレア・ブース・ルース 
編集者・劇作家・米下院議員・外交官(1903~1987)

 


DJ SUMIROCK FOREVER DANCE @ R Lounge 05.11.2013

DJ SUMIROCKプロフィール

1926年、東京生まれ。
父はジャズミュージシャン。終戦後に父が始めた餃子店「餃子荘ムロ」で手伝いを始め、料理人歴はお店と同じ60年以上。

2013年からDJスクール「IDPS」に入学し、本格的にDJを始める。

以降、世界最年長DJとして、TV CM/雑誌/TV番組等に多数取り上げられる。これまでDJ SUMIROCK名義で参加したイベントは多数。

引用元:DJ SUMIROCK (スミロック) | 東京・大阪のDJスクール IDPS

 あとがき

私にもたくさんの思い込みや、抜け出せない考え方があります。何かのきっかけで、固定観念に気づき、見方が変わって手放せたことや、今だに抜け出せていないこともあります。

なかなか手放せない考え方の1つに、頑張ったり・役に立たないと認められないし、愛されないと幼いころから思ってるところがありました。

今も意識して見方を修正しないと、この思い込みが顔をだしてきます。

映画〈アナと雪の女王〉の主題歌〈Let it Go~ありのままで~〉が聴こえてくると複雑な気持ちに・・・。ありのままでいい訳ないと思い込んでいる人からすると、ありえない曲に思えたからです。

でも悪気なく、嫌味なく自分が存在してることを、愛されてる前提で話す人の話を聞いたとき違和感を感じた後、とてもほっとしたんです。こう考えてもいいんだと素直に思えて。

知らず知らずのうちに自分の枠を作り「~しなければ」、「~するべき」と考え、窮屈に感じたら視野を広げて違う考え方を取り入れる時かもしれません。

ruilog2732.hatenablog.com

ruilog2732.hatenablog.com

ruilog2732.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする