読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハレの日とケの日

おすすめを紹介する「後ろ向き」すぎず「前向き」すぎないブログです

門倉多仁亜『タニアのドイツ式部屋づくり』すっきり暮らす整理・収納のコツ

書籍 書籍-シンプルライフ

f:id:ruilog2732:20170318094742j:plain

大好きな本で購入してから何年もたちますが、ビニールカバーまでつけ大切にしている本です。

門倉多仁亜(かどくら・たにあ)さんが、ドイツ人の母から受け継いだ合理的・快適に暮らす知恵が沢山つまった1冊。

綺麗だけれど生活感の感じられない家ではなく、写真の数々からタニアさん家族がくつろぎ暮らしている様子が想像できます。

門倉多仁亜(かどくら・たにあ)さんプロフィール

f:id:ruilog2732:20170221205728j:plain
出典:http://www.tania.jp/profile.html

理研究家

1966年 兵庫県神戸市生まれ
日本人の父、ドイツ人の母を持つ

父の転勤に伴い日本・ドイツ・アメリカで育つ

国際基督教大学を卒業後、外資系証券会社に入社。東京・ロンドン・香港で勤務する。

結婚後、夫の留学のためにロンドンへ。長年興味のあった料理とお菓子を学ぶ為コルドンブルーに入りグランディプロムを取得。

帰国後、東京で料理教室をするかたわら、テレビや雑誌でドイツのライフスタイルを紹介する仕事をおこなっている。

2009年には夫の実家である鹿児島県鹿屋市)に家を建て、東京で暮らしながら鹿児島での生活も楽しんでいる。

門倉多仁亜 | Tania Kadokura

 

ゲミュートリッヒ( Gemutlich )

ドイツ語で、美しく整頓され落ち着きがあり、あたたかい雰囲気のある空間のことです。

家は、その人の価値観がもっともよく現れる場所で、家の在り方は心や体の状態も左右します。

家が、「ゲミュートリッヒ」と言われるのは何よりの誉め言葉。

 f:id:ruilog2732:20170221212155j:plain
出典:http://suumo.jp/journal/2016/02/12/105790/

なるべく楽に暮らしたいから、必要以上のものは

持たないようにしています。ものを持つということは、そのものを管理するということ。

ものが少なければ、気持ちも軽くなるし、掃除も簡単です。


『タニアのドイツ式部屋づくり』
 門倉多仁亜

 今使うものしか持たない、片付けが楽になる収納法など合理的であることが貫かれています。

タニアさんは、リラックスできる空間を第一に心がけていて、傷をつけずに維持しなければいけない家具や雑貨は窮屈に感じ、傷や汚れが家具の味になるような家具を選んでいます。

第四章には、ドイツから日本人のお父様の元に嫁ぎ、転勤などで様々な国で暮らしてきたタニアさんのお母様の家が、数々の写真と共に紹介されています

「家が落ち着かないとダメ」と、どこに行っても家族にとって居心地いい部屋を作り上げてきたお母様。

日本の中古マンションだとは思えない空間で、センスのよさ・部屋を広くみせるコツ・家具のDIY・収納の仕方に驚きです。

タニアさんは整理整頓・合理的なだけではない、愛情と手間をかけた環境で育ってきたんだなと思いました。

タニアさんの理想とするモノへの考え方

ウィリアム・モリスの言葉
William  Morris

Have nothing in your house that you do not know to be useful or believe to be beautiful.

役に立つもの、または自分が美しいと思うもの以外は家に置かない

f:id:ruilog2732:20170221212216j:plain
出典:スッキリ暮らす[2] 物はなくても何とかなる、門倉多仁亜さん | スーモジャーナル - 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト

あとがき

一番リラックスできる自分の家。でも、散らかっていたら落ち着きません。

家族や自分にとって心地いい空間となるように、物を厳選して整理整頓しやすい部屋作りをしていきたいです。

ドイツのことわざ
人生の半分は整理整頓

ruilog2732.hatenablog.com

ruilog2732.hatenablog.com

ruilog2732.hatenablog.com

 

広告を非表示にする