読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハレの日とケの日

おすすめを紹介する「後ろ向き」すぎず「前向き」すぎないブログです

映画『サバイバルファミリー』すべてOFFになると人間がONになる!

観る 観る-映画

 f:id:ruilog2732:20170223115728j:plain

映画「サバイバルファミリー」を観に行ってきました。面白いだけでなく、いつの間にか当たり前だったことに、ありがたみを感じられます。

観に行ってよかった、もう一度映画館で観たいと思えた作品です。

便利な生活に慣れすぎた現代人がサバイバル生活に放り出されたら?生き残れるかの緊急事態。鈴木家の右往左往ぶりを見ていて、自分もこうなるんだろうなと想像できます。

助け合いばかりでなく、追い込まれた時の人間の性(さが)の部分も描かれていて、こうなった時、本当に大切にしなければいけないものはなにか?信じれるものは何か?を考えさせられました。

「サバイバルファミリー」は、サバイバル能力0だった家族の奮闘を、コミカル・シニカルに描いたサバイバルドラマです。 

【監督・脚本・原案 】
 矢口史靖 (やぐち・しのぶ)

【製作年】 2017年

【製作】フジテレビジョン東宝電通アルタミラピクチャーズ

【配給】 東宝

【上映時間】 117分

【主題歌】
「Hard Times Come Again No More」
 SHANTI

映画『サバイバルファミリー』公式サイト

映画「サバイバルファミリー」あらすじ

東京で平凡に暮らす4人家族の鈴木家。ある朝突然、原因不明の電気消滅によってテレビ・冷蔵庫・スマホ・パソコンといった電化製品ばかりでなく、交通機関・自動車・ガス・水道・ATM・水洗トイレにいたるまで完全ストップしてしまう。

ただの停電と思っていたが、1週間たっても電気はもどらない。電気を必要とするあらゆるものが使えなくなり、突然訪れた不自由生活に東京は大混乱。

鈴木家の父・義之は、廃墟寸前となった東京から家族4人脱出し、母・光恵の実家 鹿児島へ自転車で向かう決断をする。

鹿児島へ自転車で向かう道中、家族を待ち受けていたのは、慣れない野宿・川で洗濯・水分補給の為バッテリー補充液を飲んだり・腹の足しにキャットフード缶詰を食べたり・食糧確保の為に野ブタを追いかけ捕獲したり・・・

家族は時にぶつかりながら、助け合い必死に鹿児島を目指していく

主な登場人物

鈴木義之小日向文世
口先だけで頼りないのに亭主関白のお父さん。

鈴木光恵深津絵里
天然でおっとりしているが、いざという時に強いお母さん。

鈴木賢司泉澤祐希
PC無しではいられない無口で我が道を行く、長男 大学2年生。

鈴木結衣葵わかな
学校のオシャレグループに所属しスマホ依存の、長女 高校1年生。
 

サバイバル道中で出会う個性的な人々

アウトドアが趣味でサバイバル状況を楽しんでいるとさえ思える4人家族

父親役(時任三郎)、母親役(藤原紀香

公式サイトのキャスト紹介に「アウトドア趣味一家でイケてるけどイケ好かない父・母・長男・次男」とあり、そのキャッチコピーそのものです。この家族の余裕綽々な態度に、鈴木義之小日向文世)が、ひねくれた態度を見せるところで笑いが起きていました。

物々交換で米を売る米屋の経営者

米屋の経営者(渡辺えり

高級腕時計ロレックスと高級外車マセラティで、米の物々交換を申し込む客に、そんなものは腹の足しにならないと一喝!サバイバル生活では、ブランド品より1本の水の方が価値があると思い知らされる。

養豚場を営む強面だけど心優しいおじさん

大地康雄

鈴木家が空腹のあまり捕獲した豚の飼い主。逃げ出した他の豚を捕まえることを条件に衣食住の提供をしてくれる。厳しくも優しい人柄。

真っ暗すぎるトンネルの先導役を、米と引き換えにしているお婆さん達

生きていくために、何でも商売にする図太さに敬服

もともと『サバイバルファミリー』のアイデアを思いついたのは、機械が苦手だったからなんです。

パソコンやモバイルが普及して、どんどん情報化の社会になっていくのを僕は取り残されるように見ていて、だから「そこまで便利になって、どこに良いことがあるんだ! 電気が止まったらお前ら見てろよ、どんな世界になるかー!」みたいな、逆恨みのようなことから、このアイデアを考え始めたんです。

引用元映画『サバイバルファミリー』矢口史靖監督にインタビュー:「逆恨みのようなことから、このアイデアを考え始めたんです」|ギズモード・ジャパン

サバイバル時 頼りになるのはアナログで昔ながらの生活 

交通機関もストップし、車も動かない時、頼りになるのは歩くこと・自転車。電気が使えないと、ATM・クレジットカードが使えなくなり現金のみ。サバイバル状況が続けば次第にお金の価値はなくなり物々交換へ。

通信機器が使えないと簡単な連絡手段がなくなり、人によっては時間さえもわからなくなる。検索するのではなく自力の情報収集。洗濯や火をつけることも全て手仕事。

最後、蒸気機関車が走ってきたとき「蒸気機関車の燃料は石炭だった」と思い出しました。電気依存社会の今に怖さを感じます。

あとがき

映画「サバイバルファミリー」は、要所要所に笑える場面があり深刻にならず観ることができたけれど、終わってからもいろいろ考えさせられます。

あって当然と思っている便利なものに感謝したり、生きているものの命を頂いていて食事をしていることをあらためて思い出しました。

深津絵里さんのお母さん役最高です。お父さんと子供たちの親子喧嘩の際、声を荒げ本音を叫ぶお母さんの言葉に映画館は爆笑でした。

ruilog2732.hatenablog.com 

ruilog2732.hatenablog.com 

ruilog2732.hatenablog.com

 

 

 

広告を非表示にする