読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハレの日とケの日

おすすめを紹介する「後ろ向き」すぎず「前向き」すぎないブログです

おふみ『ミニマリスト日和』物を減らして身軽になりたい!

書籍 書籍-シンプルライフ

f:id:ruilog2732:20170318094754j:plain

タテ17㎝×ヨコ13㎝のコンパクトな本のサイズ・全ページ方眼紙のデザイン・おふみさんが描く沢山の手書きカラーイラスト。

断捨離絵日記をつけることで、365日目には部屋がスッキリして、すごく身軽になるのでは?と始めた、おふみさんの「ほぼ日手帳」を見せてもらっているような感覚になります。

78㎡から44㎡(2DK)への引っ越しで、ゴミ袋13袋・ゴミ総量130㎏を捨て断捨離を進めたおふみさんご夫婦。

目指しているのは、無理しすぎず物を減らした可愛い部屋です。 

おふみさんプロフィール

1988年生まれ
京都府出身
岐阜県在住、夫と2人暮らし

会社員のかたわら、ほぼ日手帳に断捨離絵日記を描きブログ開設

mount-hayashi.hatenablog.com

ミニマリストとは?

「ミニマル・ミニマリズム」から派生した言葉。持ち物をできるだけ減らして、最小限・最低限必要なものしか持たない人。

ミニマリストの対極にあるのが、物を最大限保有したい「MAX」が語源のマキシマリスト。

おふみさんが考える「ミニマリスト」の定義

できれば増やさず減らしたい思考だけれど、物の管理能力・何に思い入れがあるか?・どのくらいの量が適量かは人それぞれ。

「物の量を適量に保つことで、生活が快適になるよね」と考えている人がミニマリスト

f:id:ruilog2732:20170302144829j:plain

 ミニマリストを目指すきっかけ

今は悩みが解消されストレスなく働けるようになったけれど、以前「会社を辞めたい」と思ったのがきっかけ。

持ち物を最小限・暮らしを維持するお金も最小限にして、少しぐらい無職になっても大丈夫なように身軽になりたいと思ったそうです。

溢れたものに目が慣れて、ものが増えてもなんとも思わなくなる。でも目に入ると心のどこかにストレスが溜まっていく。

掃除や家事が大変で、エネルギーが奪われる。イライラして夫との喧嘩も多くなる。

ものが多すぎて、今より狭い家には引っ越せない、と思い込む。広い家に住むために、高い家賃を払う必要があるので、フルタイムで働き続けないといけない、という不安。

自分には手に負えない量のものに囲まれて、人生が停滞していたなと思います。

引用元:『ミニマリスト日和』おふみ

ミニマリスト日和』は、part1~part4で構成されています。

ミニマリストを目指して
・ミニマルなファッション、私服の制服化
・美容もミニマルに、簡単に
・ミニマルなライフスタイル

そのほか、絵日記の制作風景・ミニマリスト夫婦の部屋紹介など

おふみさんが描くカラーイラスト・手書きのタイトル、文章がセットになっているので絵本感覚で楽しく読むことができます。

断捨離やミニマリストを極めたいという人より、ミニマリストってなんだろう?・身軽になりたい・断捨離してみたいという人向けの内容です。

おふみさんが物を売却・処分したりする際の心の葛藤や、手放したいけど手放せないものも正直に書かれています。

あとがき

本の最後には、(夫:おてみさん・妻おふみさん)【夫婦対談】が載っています。

ご夫婦ともに物の管理にかかる手間・時間から解放されていることを実感し、仲良く穏やかに楽しく暮らされてる姿が目に浮かびます。

身軽になりたいと思ってた時→手帳を見つける→手帳で断捨離絵日記を書いてみようと思う→絵日記を公開して人に見てもらえば続けるモチベーションが保てるんじゃないか?→ブログを始める→人気ブログになる→書籍化!

おふみさんのブログ「ミニマリスト日和」これからも更新が楽しみです。

ruilog2732.hatenablog.com 

ruilog2732.hatenablog.com 

ruilog2732.hatenablog.com

 

 

 

広告を非表示にする