読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハレの日とケの日

おすすめを紹介する「後ろ向き」すぎず「前向き」すぎないブログです

ゆるりまい『なんにもない部屋の暮らしかた』部屋が変わると自分も変わる!

書籍 書籍-シンプルライフ

f:id:ruilog2732:20170319121958j:plain

ベストセラー『私のウチにはなんにもない』シリーズの、ゆるりまいさん。生活に必要な厳選された物はありながらも、なんにもない家は衝撃でした。

「なんにもない部屋の暮らしかた」では、何にもない部屋での「家族との暮らしぶり」・黒歴史である「汚家の遍歴」・現在に至るまでの「ファション遍歴」がイラスト・写真とともに赤裸々に書かれています。

「 なんいもない部屋の暮らしかた」

私は、物を捨てるのが大好きな「捨て変態」。

四六時中「どうしたらもっと物が減らせるか」「どうしたらもっとシンプルにできるか」を考え続けて生きています。

家から物が減った時の快感が、三度の飯より好きなんです。そんな私ですが、以前は汚家に住んでいました。

捨てられない・片付けられない家族と何度も衝突し、泣いて怒って呆れて諦めて・・・・。

引用元:「なんにもない部屋の暮らしかた」ゆるりまい

「何にもない部屋の暮らしかた」は各部屋ごとの章があり、1章~7章で構成されています。

今まで出版されている「なんにもないシリーズ」に比べて文章量が多く、それぞれの章に「ゆるり家写真館」と「コラム」があります。 

ゆるりまいさんのイラストも可愛く面白いんですが、文章もユーモアセンスがあり好きだったので読み応えがありました。

家が変わったことで、服装・生活習慣・考え方まで激変した経緯、厳選して選んだ物の理由なども詳しく書かれています。

 

何にもない部屋で暮らしての5大変化

掃除が好きになった 

汚家に小さいころから住んでいたゆるりまいさんは、物に囲まれた生活が当たり前でした。

物が多くて片付かないから掃除する気にならない。だから家族仲は良くても、家の空気に淀みを感じて、家が好きになれないでいました。

でも、物を大量処分し物が減ったら、散らかっても面白いほど片付けられる!掃除が楽!と気づき「捨て魔」+「片付け魔」にもなりました。

早寝早起きできるようになった

物が少ないと、掃除が楽で毎日続けられる。すると家が汚れなくなり、ますます掃除が楽になるというハッピーループ!

掃除の効果で心が洗われ、「ちゃんと生きたい」と思うように。

夜型生活だったのに早起きがしたいと思うようになり、今では朝起きたら窓を開けて新鮮な空気を吸い込むのがとても好きになりました。

早起きで一日がとても長く感じられるようになり、心にゆとりが生まれます。

ruilog2732.hatenablog.com

姿勢が正しくなる

とても姿勢が悪く猫背気味だった、ゆるいまいさん。

家から物がなくなると服もシンプル化し、姿勢が悪いと「オシャレに興味ないからシンプル」にしていると思われてしまうような気持に。

「あえてシンプル!」の為にも正しい姿勢を心掛けるようになりました。

姿勢がその人の印象を左右することに気づいたそうです。 

f:id:ruilog2732:20170319122010j:plain

日々の動作が丁寧になる

せっかちで慌て者だったことからしょっちゅう物を壊していたけれど、セレクトショップ店のオーナーに出会い、品物を優しく触れる振る舞いに感銘を受け、物の扱い方に気を付けるようになりました。

物を厳選したことで、「壊してしまうと後悔する物」しか持たなくなったこともあり、物に愛情をもって、お気に入りを自然と丁寧に扱うように。 

無駄遣いが減ってお金が貯まるようになる 

捨てるより長く使える物だけを厳選しようと思うようになると、自然と自分の好きな物・好みの色・形・質感などがわかるようになり買い物の失敗が減っていく。

買い物する前に「ずっと使い続ける自信はあるか?」など自問自答し、本当に欲しいもの・必要なもの・値が張っても長く使うなら購入するように。

無駄なものを買わなくなったのでお金も貯まるようになり、お金との付き合い方が変わりました。

汚家時代の経験がなければ、今の私も家族もこの家もありません。そう思うと、あれは貴重な体験だったんだなーと思わずにいられません。

私は、今の家での生活がとても好きです。でも、私の「なんにもない」を目指す生活はまだ始まったばかり。

きっとこれからもどんどん変化していくのだろうと思うと、とても楽しみです。

引用元:「なんにもない部屋の暮らしかた」 


あとがき

本には、好きな物を持ち寄って
何も考えず・・・ひたすら・・・じ~っと眺めるのが好きな、ゆるりまいさんの姿がイラストで描かれています。

可愛らしくて笑ってしまったと同時に、「私にはひたすら眺めていたいほどの、お気に入りがあるかな?」とも思いました。

厳選し、お気に入りを手入れして大切に使っている、ゆるりまいさん。

愛情をもたれている物たちは幸せだなと思います。

ruilog2732.hatenablog.com 

ruilog2732.hatenablog.com 

ruilog2732.hatenablog.com

広告を非表示にする